2007年07月18日

今年の山鉾巡行

39.jpg 黒主山
六歌仙の1人で杖をつき、白髪の髷(まげ)の翁の大友黒主が志賀の桜を眺めるている。

40.jpg 浄妙山
宇治橋の上で、一来法師が三井寺の僧兵・浄妙の頭上を飛び越して先陣をとった宇治川の合戦の様子を表している。

41.jpg 南観音山 42.jpg 
山の後ろから柳の大枝を垂らして、四隅からは,菊竹梅欄の木彫の薬玉(くすだま)を垂らしていて、楊柳観音像(よくりゅうかんのんぞう)のほか善財童子を祀っている。

43.jpg 47.jpg
「北観音山の観音様は男だが、南観音山は女性なので、南では宵山の夜更けに翌日の巡行の無事を祈って“あばれ観音”の行をされる」という言い伝えが有る。

----------------------------------------------------------


昨日は山鉾巡行を見に出かけましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

去年は終わるまでズーッと雨で大変でしたふらふら

今年は、晴れ曇りで、カメラも両手でパシャどんっ(衝撃)

鉾・山を合わせ全部で32基が格町内を出発して四条通から河原町通りを北へ、御池通を西へ新町通りを南に下がり格町内へ帰ります。

「くじとらず」の名があるように、山鉾巡行の先頭は長刀鉾から始まり、あとはクジで順番が決まります。


御池通に着いた時ちょうど"黒主山"が通るところで、時折回転するので観客は、
「おぉ〜がく〜(落胆した顔)!」と歓声があがります。

続いて"浄妙山"、最後は"南観音山"が通って行きました。

来年の祇園祭まで、『無病息災ハートたち(複数ハート)』をお祈りしました。<(_ _)>

posted by Ree(りー) at 18:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 京都